老人性シミの予防は若いうちから始まっている!?

老人性シミの予防は若いうちから始まっている!?

女性にとって永遠のテーマとも言える「シミ」は、できることなら誰もが予防したいものでもあります。 とはいえ、ある程度の年齢になればシミが出てきたり、目立ってきたりするのも仕方ありません。 この“年齢”を重ねることによって生まれるシミを「老人性シミ」といいます。

老人性シミはその名の通り、そして先述したように年齢を重ねれば重ねるほど出てきます。 多かれ少なかれ、ほとんどの人が経験するものですが、それでも個人差はあるものです。 早くからシミが出てくる人、シミが出てきてもあまり目立たない人、目立つ人、様々なタイプがあります。

一般的に老人性シミができやすいタイプとしては“色白で日に焼けても黒く色素沈着しにくい人”です。 いまどきの日本人女性であれば、若いころは大変うらやましがられたことでしょう。

日に焼けて赤くなっても、皮がむけておしまい、ほとんど黒くならないという「美白肌」の持ち主です。 そうしたタイプの方は老人性シミができやすいので、早めにケアを始めましょう。

もうひとつ老人性シミができやすい要因として「紫外線をたくさん浴びる生活をしてきた」ということがあります。屋外でのスポーツが好き、アウトドア好き、日焼け止めやファンデーションによる紫外線ケアをきちんとしてこなかった人は要注意です。

屋外にあまり出ていなくても、普段からあまりスキンケアをちゃんとしてないなという人も危ないかもしれません。若いうちはシミに悩まされることはほとんどないので、つい手を抜きがちです。

しかしそれは必ずいつか“シミ”という形になって現れるのです。 それが5年後か、10年後か、はたまた30年以上先なのかわかりません。 少しでもシミを予防したければすぐにでも対処を始めてください。

屋外での活動時はもちろんのこと、春から夏の紫外線の強い季節は屋内でも窓の近くなどでは焼けてしまいます。朝のスキンケアのあとには日焼け止めクリームなどをつける習慣をつけましょう。